【ドギーマン フリーハンドドライヤー】両手がフリー!置き型の犬用ドライヤー

【ドギーマン フリーハンドドライヤー】両手がフリー!置き型の犬用ドライヤー

「犬をおさえながらドライヤーするのって難しいな…」

「置き型のドライヤーってないかな?」

「ブラシをしながら乾かしたいな!」

など、犬のドライヤー選びに悩まれている飼い主さんは多いです。

かーくん
かーくん
風量があって置き型タイプなら、両手があくから簡単に乾かせるよね!

そんなときは「ドギーマン フリーハンドドライヤー」という置き型タイプのドライヤーがおすすめです。

  • どんな商品なの?
  • 商品のメリットやデメリットは?
  • 他社商品より優れている点って?

などを、商品を愛用している「犬ママ」さんにご紹介いただきました。

愛犬のドライヤーを探している飼い主さんは、是非読んでみてくださいね!

「ドギーマン フリーハンドドライヤー」ってどんな商品?

フリーハンドドライヤー

「ドギーマン フリーハンドドライヤー」は、置いたまま使うスタンド式のドライヤーです。

濡れたペットの体を乾かす際に、両手をフリーで使えるということが嬉しいポイントです。

ドライヤーのヘッドが上向き・下向き・水平の3段階に角度調整できるので、ペットの体を動かさずに十分に乾かすことが可能です。

また、温風モードと冷風モードを使い分けることで、ペットのクールダウンとしても使用でき、たいへん重宝しています。

商品のメリットや気に入っているポイントはココ!

商品のメリットや気に入っているポイントはココ!

なんといってもドライヤー本体が自立しているため、ペットの体を両手で支えながら乾かせることが、1番のメリットです。

以前は、人間用のドライヤーを使っていましたが、乾かしている最中に愛犬が伏せてしまうことが多々あり、胸からおなかを乾かすことに10分以上かかってしまい苦労しました。

フリーハンドドライヤーを購入してからは、片手で愛犬の体を支えて、もう一方の片手でブラッシングすることができ、より短時間で十分に乾かせることが気に入っています。

かーくん
かーくん
片手で犬をおさえて、もう片方の手でドライヤーを持って…だと大変だもんね。ブラシを使った方が効率よく乾かせるから、両手があくのは嬉しいポイントだね!

他の類似商品より「ドギーマン フリーハンドドライヤー」はどこがおすすめ?

他の類似商品より「ドギーマン フリーハンドドライヤー」はどこがおすすめ?

オススメな点は価格です。

フリーハンドドライヤーの中でも最安値の部類に入るので、購入しようか悩んでいる飼い主さんは、まず試してみよう!という感覚で購入できます。

楽天だと、2021年2月現在で6000円台です。

また、重量わずか570gと、500mlのペットボトル約1本分に相当するほどの軽量で、高さ約34cmとコンパクトサイズですので、収納や持ち運びにもとても便利です。

そして本体の後部にある吸い込み口が小さいため、ペットの抜けた毛が入りにくい利点もあります。

商品のデメリットは?

商品のデメリットは?

ドライヤーの風の吹き出し口が小さめなので、パワーのある風量で乾かすことに不向きです。

また、ペットの脇や首の内側など肌が重なり合う部分や耳の内側は乾きにくさを感じます。

かーくん
かーくん
ドライヤーの角度を調整して、犬を立たせたり皮膚を伸ばしたりすると、よく乾くかもね!

運転時は音がやや大きいため、音に敏感な子や臆病な子には難しいかもしれません。

体をくねらせたりしてドライヤーから体を遠ざけてしまい、乾かすことに時間がかかることもあります。

こんな飼い主さんやワンちゃんにおすすめしたい!

こんな飼い主さんやワンちゃんにおすすめしたい!

ドライヤー中に暴れてしまったり、介助が必要な子の場合には、自立式のドライヤーがおすすめです。

風の吹き出し口が小さいため、子犬や小型犬を飼っている方には向いていると思います。

「ドギーマン フリーハンドドライヤー」は置き型ドライヤーの中でも安価なので、「試してみたいな!」という飼い主さんは使ってみる価値があります。

 

犬用のフリーハンドドライヤーを探している飼い主さんは、「ドギーマン フリーハンドドライヤー」を使ってみてはいかがですか?

かーくん
かーくん
写真のワンちゃんは、パピヨンとチワックスのお二人でした。ご紹介ありがとうございました!

ペッツ商店街TOPに戻る